WJOG市民市民公開講座 in 大阪

がん医療最前線
~がん免疫治療の展望~

がんの免疫治療が大きく進歩していることはご存知ですか?
がん免疫治療は、すでに多くのがんの治療においてなくてはならない治療法となっています。
臨床現場でどのような患者さんに免疫治療が実施されているのか、どのような治療効果が期待できるのか、 どのような副作用に気をつければならないのか、また高額な薬剤費用にどのように対応すればいいのかなど、 がん臨床研究をリードする研究者から最新の情報提供を行ないます。
さらに患者さんの代表にも加わっていただき、がん免疫治療の展望について総合的に討論を行ないたいと思います。

開催日

2019年11月17日(日)

時間

13:00-16:00(開場12:30)

場所

ホテルエルセラーンホール
大阪市北区堂島1-5-25(ドージマ地下センターC84出入口すぐ

参加費

無料(定員450名)

申込方法

応募方法:郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、がんに関する質問事項をご記入の上、下記の方法でお送りください。追って聴講券をお送りします。
① 郵便はがき、②メール、③FAX、④専用の申込用紙(チラシ裏面)
はがき:
〒530-0055
大阪府大阪市北区野崎町5の9
読売大阪ビル5F
大阪よみうり文化センター「11/17健康講座」係
Mail:honbu@oybc.co.jp
FAX:06-6361-3327
※応募時の個人情報は本講座に関してのみ使用し、その他の目的には使用いたしません。

その他の追記注意事項

問い合わせ先:大阪よみうり文化センター「11/17健康講座」係
06-6361-3325(平日10:00-17:00)

主催

認定NPO法人西日本がん研究機構(WJOG)

共催

小野薬品工業株式会社、ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社、読売新聞大阪本社広告局

後援

大阪市医師会、日本肺癌学会、日本臨床腫瘍学会、肺がん医療向上委員会、NPO法人肺がん患者の会 ワンステップ!、NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会、日本対がん協会

協力

大阪よみうり文化センター

プログラム

開会挨拶:中川和彦(近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門 教授/WJOG 理事長)

講演1:「肺がん治療における免疫チェックポイント阻害剤の実際~いつ、どのように使用する? 」

講師:山本信之(和歌山県立医科大学医学部内科学第三講座 教授・副医学部長・腫瘍センター長/WJOG副理事長・常任理事・呼吸器委員長)

講演2:「胃がん免疫治療の現状と展望」

講師:室 圭(愛知県がんセンター 薬物療法部 部長・外来化学療法センター長//WJOG副理事長・常任理事・消化器委員長)

講演3:「乳がん薬物療法最前線 ~乳がんも免疫治療の時代へ~」

講師:高野利実(虎の門病院 臨床腫瘍科 部長/WJOG常任理事・乳腺委員長)

西日本がん研究機構(WJOG)の活動紹介

澤 祥幸(岐阜市民病院 診療局長(がんセンター)/WJOG教育広報委員長)

講演4:「がん治療研究の進歩への期待」

講師:長谷川一男さん( NPO法人肺がん患者の会 ワンステップ! 代表)

パネルディスカッション

「がん免疫治療の展望」

司会進行:松本陽子( NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会 理事長)
パネリスト上記登壇者

閉会挨拶 中川和彦